十種祓詞(トクサノハラエコトバ)

高天原に神留り坐す
タカマノハラニカムヅマリマス

皇親神漏岐神漏美の命以ちて
スメムツカムロギカムロミノミコトモチテ

皇神等の鋳顕はし給ふ
スメカミタチノイアラハシタマフ

十種の瑞寶を饒速日尊に授け給ひ
トクサノミズノタカラヲ ニギハヤヒノミコトニサズケタマヒ

天津御祖神は言誨へ詔り給はく
アマツミオヤノカミハ コトオシヘノリタマハク

汝命この瑞寶を以ちて
イマシミコト コノミズノタカラヲモチテ

豊葦原の中國に天降り坐して
トヨアシハラノナカツクニニアマクダリマシテ

御倉棚に鎮め置きて
ミクラダナニシヅメオキテ

蒼生の疾病の事あらば
アオヒトクサノヤマイノコトアラバ

この十種の瑞寶を以ちて
コノトクサノミズノタカラヲモチテ

一二三四五六七八九十と唱へつつ
ヒトフタミヨイツムユナナヤココノタリヤトトナヘツツ

布瑠部由良由良と布瑠部
フルベユラユラトフルベ

かく為しては死人も生返らむと
カクナシテハ マカリシヒトモイキカエラムト

言誨へ詔り給ひし随まに
コトオシヘノリタマヒシマニマニ

饒速日尊は天磐船に乗りて
ニギハヤヒノミコトハ アメノイワフネニノリテ

河内國の河上の哮峯に天降り坐し給ひしを
カワチノクニノカワカミノタケルガミネニ アマクダリマシタマヒシヲ

その後大和國山辺郡布瑠の高庭なる
ソノノチ ヤマトノクニヤマベノコオリフルノタカニワナル

石上神宮に遷し鎮め斎き奉り
イソノカミノカミノミヤニウツシシヅメイツキマツリ

代代其が瑞寶の御教言を蒼生の為に
ヨヨソガミズノタカラノミオシエコトヲアオヒトクサノタメニ

布瑠部の神辞と仕へ奉れり
フルベノカミコトトツカヘマツレリ

故この瑞寶とは
カレコノミズノタカラトハ

瀛津鏡
オキツカガミ

辺津鏡
ヘツカガミ

八握剣
ヤツカノツルギ

生玉
イクタマ

足玉
タルタマ

死返玉
マカルガエシノタマ

道返玉
チガエシノタマ

蛇比礼
ヘミノヒレ

蜂比礼
ハチノヒレ

品品物比礼の十種を
クサグサノモノノヒレノトクサヲ

布瑠御魂神と尊み敬まひ斎き奉る事の由縁を
フフノミタマノカミトトウトミウヤマヒイツキマツルコトノヨシヲ

平けく安らけく聞こし食して
タヒラケクヤスララケクキコシメシテ

蒼生の上に罹れる災害及諸諸の疾病をも
アオヒトクサノウエニカカレルワザワイマタモノモノノヤマイヲモ

布瑠比除け祓ひ却り給ひ
フルイノケハラヒヤリタマヒ

寿命長く五十橿八桑枝の如く立栄へしめ
イノチナガクイカシヤグハエノゴトクタチサカヘシメ

常磐に堅磐に守り幸へ給へと
トキハニカキハニマモリサキハヘタマヘト

恐み恐みも白す
カシコミカシコミモマオス

梅


このブログの人気の投稿

第90・96・97・98代 内閣総理大臣 安倍晋三 「美しい国へ」

三島由紀夫 檄文より